デラシン通信

症例 :痙性斜頸Ⅱ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

患者 50歳代 男性
主訴 頸部が前屈になる(うなだれる姿勢状態)

〇現病歴
約1年ほど前に様々な事情でストレスのためか
1ヵ所目 整形外科=X線異常なし頸部炎症と診断され投薬と電気治療
2ヵ所目 総合系病院=MRI検査で脊髄には異常なし
3ヵ所目 整形外科診察
4ヵ所目 総合系病院神経内科=痙性斜頸と診断 筋肉緩和注射を時々受療するが5日間は軽快する
筋肉緊張緩和剤を毎日服用している
昨年2月に運転席右側より衝突される交通事故
現在、発症時と比較すると10~20%改善

運動痛(+)右回旋 右側屈
自発痛(-)
頸部不随意運動(-)
上肢への放散痛・しびれ感(-)
運動制限(+)後屈・側屈・回旋
肩こり感(+)2-3日前より両側

〇一般状態=食欲・便通・睡眠(6時間)に異常は認められない
喫煙しない 飲酒は時々 趣味はパソコン日平均2~3時間視聴

〇徒手検査法
握力=左42 右42
頸リンパ・知覚障害=左右ともに正常
膝蓋腱・アキレス腱反射=左右ともに正常
上腕二頭筋反射=左右ともに正常
上腕三頭筋・腕橈骨筋=左右ともに減弱

〇痙性斜頸とは
斜頸とは頸部が患側(悪いほう)に斜め傾いてしまい顔が健側(良いほう)を向いて頸部の運動制限が生じる。
広義では乳幼児に発生する筋性斜頸と痙性斜頸に分類される。
痙性斜頸は首周囲の筋肉、特に前面を斜めに走る胸鎖乳突筋や上肢と体幹を連絡している僧帽筋の異常な緊張亢進によって引き起こされる病気で首が左右上下のいずれかに傾く、ねじれる、震えるといった不随意運動と姿勢異常を引き起こす状態。発症年齢は10代~初老期までと広く30~40代にピークがあります。

〇経過(施術期間1年1ヶ月:1週間1回施術の継続中)
3回目治療前=10%改善 全体的に楽になる
4回目治療前=20%改善
5回目~7回目治療前=30%改善 頸部の前屈、後屈、側屈、回旋の可動域が少し改善
8回目治療前=40%改善 頸部左右回旋の可動域が少し良好で自家用車運転がしやすい
10回目治療前=45%改善 頸部側屈、回旋は良好 前回より治療内容を変更
11回目治療前=50%改善 頸部後屈、側屈、回旋は可動域少し良好
13回目治療前=55%改善 頸部後屈、側屈、回旋は可動域少し良好
25回目治療前(6ヶ月目)=70%改善
51回目治療前(約1年)=80%改善 頸部可動域良好 数ヶ月ぶりに友人と会い改善と指摘される
57回目治療前(約1年1ヶ月)=座位による頸部可動域検査:日本整形外科学会基準 前屈72°(正常値60°)後屈58°(正常値50°)側屈左右共に40°(正常値50°)左回旋54° 右回旋66°(正常値60°)
勤務中に自然と頸部前屈状態になっていたが大分改善し姿勢も良好に保たれている 自覚改善80%

*現在の身体状態、病気の進行度、発症経年月、年齢等によって治療効果の個人差がありますので、予めご了承ください。

 

突発性難聴、低音障害型感音難聴、老人性難聴、良性発作性頭位めまい症、 耳鳴り(頭鳴り)、
メニエール病、嗄声(させい・声のかすれ)、鼻閉症、アレルギー性鼻炎、花粉症

おのでら鍼灸院

〒857-0134 長崎県佐世保市瀬戸越4丁目16番9号(大野モール近く)

0956-40-6666

 

 

 

関連記事

営業日カレンダー

« 2019年5月»
2829301234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
  • 休日
  • 午前休
  • 午後休
営業時間:月~土 AM9:00~PM6:30(最終入室)
鍼灸新患の方の最終入室はPM5:30
土曜日も平日と同じように診療しております。
日曜日は定休 祝祭日は不定期診療
未就学のお子様をお連れの方は、みてくださる方と、ご来院ください

おのでら鍼灸院:佐世保市瀬戸越4丁目

長崎県佐世保市瀬戸越4丁目16-9
・佐世保中央ICから車で15分
・相浦中里ICから車で15分
・<国道498号から>大野モール過ぎたら、コンビニキッチンやぐら(旧RICマート)を右折して30秒
・<矢峰行>瀬戸越バス停徒歩2分
・松浦鉄道 泉福寺駅徒歩4分

おのでら鍼灸院:佐世保市瀬戸越町

アクセス

おのでら鍼灸院外観