デラシン通信

症例 :腰椎椎間板ヘルニア(前屈障害)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

患者 50歳 男性
主訴 左側下肢痛
初診 平成28年4月

〇現病歴
3月上旬に左側腰部に違和感を感じていた
3月26日早朝に突然、左側大腿部に激痛がはしり市内総合系整形外科を受診、X線で坐骨神経痛と診断される
その後、2ヵ所の病院にてMRI検査を受診したが検査ベッドで仰臥位できないほどの激痛で検査中止
2ヵ所の鍼灸院にて鍼灸受療

〇問診
運動痛=前屈・座位・マニュアル自家用車運転時
自発痛・腰部鈍重感=なし
下肢しびれ感=左側全指
下肢放散痛=左側大腿部
運動制限=前屈

〇徒手検査法
脊髄性反射検査:膝蓋腱=左・亢進(+)右・消失  アキレス腱=左・亢進(+)右・正常
神経根検査:ラセーグ=左・陽性 右・正常  ブラガード=左・陽性 右・正常
大腿神経伸展テスト=左右ともに正常
知覚検査:=左・鈍麻 右・正常

〇一般状態=食欲・便通・睡眠に異常は認められない
〇嗜好=アルコール2合程度 タバコ=吸わない
〇趣味=25歳より陸上競技1週間に2~3回 1回の練習距離5~10km

〇経過(施術期間45日:20回施術)
1回目治療前=発症時と比較し50%改善(2ヵ所の鍼灸治療で改善したと思われる)
2回目治療前=左側放散痛は消失 腰部前屈指床間距離14㎝
3回目治療前=80%改善 腰部前屈指床間距離4㎝
4回目治療前=鍼灸治療後12時間良好保持 腰部前屈指床間距離0㎝(指先が着床)
5回目治療前=鍼灸治療後18時間良好保持 腰部前屈指床間距離0㎝(指先が着床)左側下肢放散痛消失 しびれ感60%改善
6回目治療前=鍼灸治療後18時間良好保持 腰部前屈指床間距離-5㎝(中指先端5㎝)
7回目治療前=鍼灸治療後20時間良好保持 腰部前屈指床間距離-8㎝(中指先端8㎝)
8回目治療前=鍼灸治療後20時間良好保持 腰部前屈指床間距離-8㎝(中指先端8㎝)夜間のしびれ感消失
9回目治療前=腰部前屈指床間距離-14㎝(中指先端14㎝)総合病院系整形外科受診。問診において手術必要なし(患者さまも喜んでいた)
10回目治療前=腰部前屈指床間距離は手掌(手のひら)が完全に着床し通常の柔軟性を回復 腰部前屈時の左側下肢放散痛消失したがしびれ感が残存する
11回目治療前=腰部前屈指床間距離は手掌(手のひら)が完全に着床し通常の柔軟性を回復 昨日より職場復帰しデスクワーク時に左側下肢足指しびれ感があり知覚鈍麻
15回目治療前=全体的に80%改善 左側下肢全指の筋力低下
16回目治療前=左側大腿外側痛 股関節内旋(+)勤務中デスクワークのしびれ防止のため高さ30㎝ほどの台に足を乗せていたのが負荷となっての疼痛原因と思われる
17回目治療前=左側下肢しびれ感80%改善 日常生活に支障がなくなった 左側下肢全指の筋力低下も徐々に回復している
18回目治療前=左側下肢しびれ感90%改善 マニュアル自家用車運転時と日常生活に支障がなくなり発症前にほとんど回復 左側下肢全指の筋力低下も徐々に回復
19回目治療前=左側下肢しびれ感95%改善 膝蓋腱反射:左右ともに消失 アキレス腱反射:左右ともに正常
20回目治療前=左側下肢しびれ感ほとんど改善 膝蓋腱反射:左右ともに消失 アキレス腱反射:左右ともに正常
下肢神経根テスト:ラセーグ・ブラガード・大腿伸展いずれも左右ともに陰性(正常)
知覚テスト左右ともに正常 左側下肢全指と拇指の筋力低下も以前と比較すると回復傾向 腰部前屈指床間距離は手掌(手のひら)が完全に着床し通常の柔軟性を回復
前日、総合系整形外科受診において手術する必要はないと告げられた。

〇解説と結び
腰椎椎間板ヘルニアの症状
腰椎椎間板ヘルニアの代表的な症状は、急性の激しい腰・下肢痛です。椎間板の後ろ側(背側)には、脊髄から枝分かれして出ていく神経があり、脱出部や膨隆部によって神経が圧迫され、さらに外層線維輪のひび割れにより、神経が刺激され、ヘルニアの周囲に炎症が起こることで、急性の激しい腰痛が現れるのが特徴です。
さらに、脊髄から枝分かれして下肢に伸びる坐骨神経に連なる神経根がヘルニアによって刺激・圧迫されると、いわゆる坐骨神経痛が現れます。下肢に響くような痛みやしびれなどの症状です。これらは感覚神経が障害されたことによるものですが、運動神経も障害を受けると、下肢の筋力低下が起こります。
また、まれにヘルニアが大きく、馬尾神経(脊髄の末端部分)に障害が及んでいる場合には重症で、膀胱や直腸の働きに影響が現れ、排尿機能や排便機能が低下してしまうこともあります。
最も発症頻度が高いのは、第4腰椎と第5腰椎の間で、次が第5腰椎と仙骨の間です。この2か所で、腰椎椎間板ヘルニアの約9割を占めています。
10歳代や20歳代の若い人から高齢者まで発症しますが、最も多いのは40歳代です。女性より男性に多い傾向があります。
痛みやしびれなどの症状は、前かがみになったり、椅子に座ったときに特に強くなります。前かがみになると、椎間板の内圧が高くなったり、ヘルニアが後方の神経根をより強く刺激・圧迫するためです。姿勢によって痛みが楽になったり、強くなるのはこのためです。
症状は慢性的な経過をたどることが多いのですが、ヘルニアが自然吸収されると、症状がなくなることもあります。

後屈障害の腰椎椎間板ヘルニアは遭遇されるが前屈障害は稀で手術対象とされる場合がある。患者さまも2ヵ所の整形外科において手術を勧められており、できれば手術しないで治したい希望でおられた。
休業期間中は週に3回、職場復帰してからは週に2回施術され、ほぼ完治も早かった方と思われます。
今後は都合の良い時に週に1回来院と趣味の陸上競技復帰はウォーキングより初めてくださいと伝えた。

鍼灸・マッサージ・訪問在宅診療
ご予約はこちらまでお気軽にどうぞ⇒0956-40-6666
~自然治癒力を高める鍼灸マッサージ~
おのでら鍼灸院
〒857-0134  長崎県佐世保市瀬戸越4丁目16番9号(大野モール近く)

関連記事

営業日カレンダー

« 2019年4月»
31123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
  • 休日
  • 午前休
  • 午後休
営業時間:月~土 AM9:00~PM6:30(最終入室)
鍼灸新患の方の最終入室はPM5:30
土曜日も平日と同じように診療しております。
日曜日は定休 祝祭日は不定期診療
未就学のお子様をお連れの方は、みてくださる方と、ご来院ください

おのでら鍼灸院:佐世保市瀬戸越4丁目

長崎県佐世保市瀬戸越4丁目16-9
・佐世保中央ICから車で15分
・相浦中里ICから車で15分
・<国道498号から>大野モール過ぎたら、コンビニキッチンやぐら(旧RICマート)を右折して30秒
・<矢峰行>瀬戸越バス停徒歩2分
・松浦鉄道 泉福寺駅徒歩4分

おのでら鍼灸院:佐世保市瀬戸越町

アクセス

おのでら鍼灸院外観